2008年10月04日

枝豆 不二屋食品

枝豆 不二屋食品
573-1144
大阪府枚方市牧野本町2丁目15−9
豆腐
★遺伝子組替大豆は使用してません。こだわりの豆腐をどうぞ。
072-856-4975
枝豆
枝豆というと、ビールのおつまみを思い浮かべますね。あの塩味の・・・スーパーでは、枝豆入りのちくわのような、かまぼこのような物も見たことがあります。しかし、やはりそれらもおつまみに近いですね。私は大根と一緒に煮ものにしましたが・・・
逆にビールの定番のおつまみといえば1番に思い浮かぶのが枝豆ですね。枝豆は夏バテの解消にもとても効果の高い食品らしいです。知らない人もたくさんいるようですが、枝豆とは大豆の未熟な豆らしいです。私も知りませんでした。枝豆は、豆と野菜の両方の栄養をもっているようです。大豆は穀物として古い時代から栽培されていたようですが、枝豆は約300年前から栽培され始めたようです。
酒庵おか田
080-0011
北海道帯広市西1条南10丁目19−1
居酒屋,一品料理店,飲食店,郷土料理店,小料理店,魚料理店,刺身料理店,日本料理店,北海道料理店,和風居酒屋
北海道の味覚 厚岸産牡蠣その他四季料理北海道の地酒ございます
0155-25-3190

安心屋豆腐店
591-8021
大阪府堺市北区新金岡町3丁4−5
豆腐
072-251-2432

井上豆腐店
553-0006
大阪府大阪市福島区吉野2丁目11−29
豆腐
06-6441-2212

大谷食品
530-0047
大阪府大阪市北区西天満6丁目6−3
豆腐
06-6364-4647

鹿島屋
531-0073
大阪府大阪市北区本庄西1丁目11−12
豆腐,豆腐店
06-6372-3450

河内庵
581-0016
大阪府八尾市八尾木北5丁目119
豆腐
072-993-0221

黒兵衛
583-0026
大阪府藤井寺市春日丘1丁目2−3
活き魚料理店,居酒屋,創作料理店,豆腐料理店,鍋料理店,和風居酒屋
072-938-0301
記録によると、中国で紀元前400年?200年前に大豆が伝わり、海外から来た豆ということで「えびすまめ」といわれていたようです。
ここで枝豆の作り方を説明してみましょう・おいしい作り方には2種類あるようです。・沸騰させた湯に、豆を入れ茹でる。・ザルにあげて水を切り、塩を振りかける。・生の枝豆をボウルに入れ、サヤごと塩もみし、その塩とともに沸騰した湯に入れて茹でることによって、色が鮮やかに仕上がるようです。
冷ます場合は、冷水でさらすのではなく、うちわなのであおいで冷ます方が味を損ねることがなく、おいしく出来上がるようです。
兵庫県の篠山では、黒豆の若いものを「黒枝豆」として、食べるようです。普通の枝豆の鮮やかな緑色に比べて、茹でた直後からも黒味がかった、見た目は悪いようですが、味は格別だとか。
posted by 大豆大王 at 11:00| 大豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。